fc2ブログ

旧バンダイ 仮面ライダー サイクロン号レストア計画(その2)

(※2014/4/2 画像追加)

組み済み品を解体し、パーツの状態に戻しました

6本マフラーの陰になってて気づかなかったのですが、リアのダンパー部品が片方ありません
まぁ、片方だけでもあれば複製するので何も問題は有りませんが♪


解体してみて気づいた事があります。
フレーム部品、サイドマシンと完全共通部品に見えていたのですが、カウル取付け用ピンの数が少し異なります
(以前の記事と比較してください)




全体形状はともかく、やはり古いキットですので、細部にはあまり良くない設計の部分が有ります

コイツの場合はヘッドライトのレンズで、
カウルの円形へこみ部分に、接着剤でレンズ裏面をべったり貼り付ける形式でした
元々組み立てた人がずれてくっつけていたので、そのままにも出来ずやむなく一度取り外す事にしました

作業はかなり慎重に行ったのですが、もとより割れやすい透明パーツの裏面べったり接着と言う事で
案の定片方は真っ二つに割れ、もう片方は数個に砕けてしまいました・・・
元々、接着剤による樹脂の曇りもスゴイ状態だったので、ここは複製部品で置換することにします
オリジナル部品にこだわりたい気持ちもありますが、さすがに「マシンの顔」であるカウル正面なので
ココはキレイさを優先することにします

マシな方の元部品から型とって、出来のばらつきや予備も考え、5個複製・・・

サイクロンの透明部品は薄い水色なので、予めレジンに着色してから注型します


左の一個が元部品
まだ裏面の磨きやら微調整やらはしていませんが、ギリ使えそうです


ちなみに、バンダインってこんなの(画像は拾い物)

ダンバインじゃないですよ~(などと、ベタなボケをw)

旧バンダイ 仮面ライダー サイクロン号レストア計画(その1)

先日から始めた、旧バンダイ製プラモデル「サイクロン号」ですが
ある程度、手間も掛かりそうなので、「サイクロン書庫を新設しました

この土日は、デカールはがしと、再組立の下処理のためパーツへの分解作業をしました

まずはデカールはがし作業。パーツにまたがって貼られているデカールも多いので、まず最初はこの作業から。
ホコリやヤニ汚れなどのパーツ洗浄も兼ねています


手を入れると結構熱いけど火傷するほどじゃない(50℃弱くらい?)のお湯に、中性洗剤を薄めに混ぜて・・・




おもむろに投入!!



全てのデカールが液中に完全に浸かるようにして、冷めないように何かでフタしときます



2・3時間ほど放置して、軽くゆすってデカールが浮いてきてるのが確認できたら


無理しないように剥がします
ヘタしたら40年ほども前に貼られたデカールなので、これほど長時間水に浸かっていても
基本的にパリッパリで砕けやすくなっていますので、扱いは水中での超微速限定です



もちろん、そのまま水に漬けっぱなしにしておくわけにもいきませんので
デカール台紙に近い紙質の紙を用意して、ノリをドバーっと厚く塗ります



※判り難いので、画像はコントラスト強化してあります


半日以上かけて、何とか全部破らずに回収できました・・・



ちょっと破れてますが、立花レーシングのマークは出来ればこのまま使いたいですね


赤色模様は剥がす前からすでに角部分や接着線のデコボコにこすられて破孔が空いていたので
サイドマシンのライン描きと同様、コピーしてマスキングの型紙に使う事になりそうです

パーツの分解作業は、次回の記事にて・・・

本日の入荷品 (2014/3/22)

※2014/3/30「日記」書庫から 「バンダイサイクロン」書庫に移動

今日は、ちょっと珍しいものが手に入りました

例によってジャンク品ですが
バンダイの仮面ライダー・サイクロン号

プラモデル

残念ながら、ライダーの左腕とマフラーの部品が欠損してます

どんな形なのか?が判れば、かなり正確に再生することはそう難しくはないでしょう
このブログを見てて情報お持ちの方、もし居られたらお知らせください

今回これが入手できた事で、ちょっとした疑問が解消しました



サイドマシンとサイクロンの車体フレーム部品は、やはり共通でした(エンジンの形状は違いますが)
ただ、ゼンマイカセットの取り付け基部の形状は異なるようです
ここまで共通だったらサイドマシンのと共用できたんですけどね・・・

ゼンマイその物は同じモノを使用してたと思われるので、類推と憶測で作れそうではありますが


と言うわけで、サイドマシンのバイク部分とサイクロンはほとんど同サイズ


こんな風に並べてみるとわかりやすいでしょうか


レストアするに当たって、マーキングやラインのデカールをどうするかも考えなきゃいけない訳ですが
まず今、実際に貼りついているデカールを水で上手くはがして回収する事ができれば、あとはラクそうです

一発勝負の恐怖作業ですが・・・剥離と同時にコナゴナに崩壊することも充分予想できます

プロフィール

へてかるぴ

Author:へてかるぴ
旧キット大好きなおっさんです
その他バカ話も好物です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR