fc2ブログ

1/1 MATシュート(その2:いきなり完成・・・かと思えばw)

作っちゃお~ゼ!向けに作っているMATシュートですが…
ちょっと調子に乗り過ぎちゃったみたいw





塗装後に回していた、側面のパイロットランプの埋め込み作業の際に力入れすぎちゃったみたいで・・・

こんなザマに


もともとネビイラ71様から頂いたときに銃口発光の為の電球が仕込まれてて、
今回それ自体は使用しなくなってるのですが、特に邪魔にならないので内部に配線が残っていました
そのお陰で「完全に落下してあちこち欠けたり傷だらけ」
という最悪の事態はかろうじて避けられたのですが、
当然ながら接着補修と、破損部分の再度の下地からの面出し作業が発生してしまいました


泣いてても仕方が無いのでとにかく接着して・・・


瞬着が固まったらザクっと面出しして溶きパテ塗って、今日はここまでにします・・・


「塗装も済ませて何日かしたら、だんだんとうっすら接合ラインが・・・」
ってのはヤですので、数日はこのまま放置ですね~
まぁ、モデフェスまでは2週間近くあるし、ギリ間に合うかな…?

今夜中に完成させよう!!と思って、チョイ焦っちゃいました~
何事も平常心が大事ですねトホホ・・・


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

がびーん
確かに泣いても仕方ないですが、、
ワタシなら心折れまくりです。。

No title

あらま!中空ですがガラスマットがあるから丈夫なはずですが~~余計な作業が増えましたなぁ~~f^_^;

お手数おかけします。 m(._.)m

No title

> 真・真キムさん
やっぱり50台も半ばに差し掛かると中折れもするってもんでw(何)
実際、一瞬絶望感を感じましたよ

でも実のところ、最近は多少減ったけど元々ワタシこういう事態が頻発するタイプでしてw
「ニッパーを握り砕く」とか、「フタの固まった塗料を開けようとしてフタ自体を粉砕しちゃう」とかやらかすことさえあったので若干「慣れ」がw

さすがに直後はチョットへこんでましたけどねw

No title

> ネビィラ 71さん
側面に穴開けてパイロットランプ用に用意したパーツを嵌めて接着する際に少し奥に入り過ぎちゃって、
水泳で耳に入った水を出す要領でトントンやってたらなんかポキンとw
断面には確かに繊維が出てましたから、単純にワタシの扱いが過酷だっただけだと思いますw
ぜんぶ自分の蒔いた種ですから元通りしっかり直しますので、もうしばらくお待ちくださいまし~

No title

凹みますなぁ~(^o^;)

でも、むしろこれだけで済んでよろしかったかと……。
まだまだ時間はあるようですし、展示会前に脆い箇所が分かって良かったのかも知れませんよ🎵

No title

泣いても仕方ないですが
こちらは、修正にエポキシパテを使いました。

多少の引けはありますがけっこう上手くいきました。

No title

> ももおさん
ビックリしたしガックリしましたけど、
不幸中の幸いだったのは、綺麗に「ポキンと折れただけだった事ですね
ごく僅かにヒビとか出ましたけど、コナゴナとかじゃないですから♪

時間は十分有りますし、今度は落ち着いて作業しようと思います

No title

> ひこにゃんさん
まあ、大きな形状変更じゃないですからね~

コレ自体には大きな変更部分ではエポパテも使ってるんですが、折れた辺りは単に表面処理の溶きパテやサフだけなので、補修後の処理もそうなっちゃうのです
まあ乾燥待ちの時間は幸いシッカリ取れますし、気を取り直してボチボチやります~

No title

キレイに塗装されると、つい「弱い箇所」を忘れて作業しちゃう事ってあります。。

塗ったあと、ってのがもうホント辛い❗
負けずに、でも焦らずで行きましょう~🐤

No title

ギンギンだったのに!
↑イロイロとw

なんでしょう、溶剤回ってたとかもあるんですかね~?
自分もガッチリ接着したから大丈夫って油断して粉々って事もw

これでまた作れると思うと お得ですね!
↑前向き過ぎて1回転してますって、これじゃ逆か?w

No title

中折れ以前にそもそもなかなか元気にならn(自粛

ガレージキットでもこういう事になるんですねぇ。
むしろ材質的に硬くて重い分脆いんでしょうか。

プラモしか作ってないですけど、古いキットだと硬く脆くなってて仮組途中に差し込みの関節周囲がそこまで力入れてないのに軸基部ごと砕ける、というのは過去何度か経験しましたw

No title

> ごんちゃっくさん
イヤー油断してましたw
お気楽なワタシでもさすがに「ちょっと待ってよ~」て気分でしたが、
そこはもうスイッチ切り替えて頑張るしかないのでw

今度は油断せず、じっくり丁寧に作業しようと思います

No title

> 骸骨丸さん
♪あんな~にギンギンだったのに~♪(SEED風)

中折れしがちな今日この頃いかがお過ごしでしょうか?
↑ワタシ自身はいつでもギンギンですけどね(何w)

結構丈夫でつかみやすい場所だから、これまでの作業の間に疲労が蓄積してたポイントなのかもしれません
ふつう、ガラス繊維入りの樹脂の塊がこうはポッキリ行きませんよねw

もう、「一粒で二度おいしい」系のお楽しみってことにしますw
バッチコーイ!!(悲涙)

No title

> アイラさん
ほぼ毎日ギンギンで困りm(自粛)

ネビイラさんの品はいわゆるキャストじゃなくてFRPと同じ材質なので、樹脂だけだと「硬いけど脆い」ちょうど氷砂糖みたいな質感なんですが、
グラスシートを積層されてるので、外力に対する粘りの点でもしっかりしてるんですが…
多分ココまでの作業の間に負荷をかけちゃってたんでしょうね…
で、最後のダメ押しに手のひらでボディ部分をトントンやったら銃身先端の重みと衝撃に耐えられなかった…
と、分析しとります
一言でいうと「自分の扱い方が悪かった」に尽きるというw

古いオーガスとか、ちゃんとすり合わせて組み立てたのに可動変型じゃなくて組み換え変型かと言わんばかりな崩壊を起こしますねw

No title

こんばんは♪

ナイスする内容ではないのですが応援の意味で(^^;

接合ラインがウッスラ・・・・

私もあるメーカーのキットを製作、完成後五年経ってから接合ラインがウッスラ出てきたことがあって

それ以降、そのメーカーのキットにはなるべくラッカー系のパテ類を使わないように気をつけてたのですが
普通に接着剤で付けたところも何年か後に引けてくるんです(^^;

やはり乾燥時間、大事ですよね!

No title

> 蓮樹さん
おはようございます
応援ありがとうございますデス

一からやってる作業なら、元パーツとパテ盛り部分や接着ラインの処理もいわゆる「普通の作業工程」なんですが、
こうやって一回出来上がった後で一部だけを元の面と違和感なく補修するのは、なんでこんなにメンド臭いんでしょうね~

ワタシも普段はラッカー系パテはあまり使わなくなってるんですが、サフを吹いてから後、
最後の最後に見つけたキズやウネリはラッカー系が実は一番扱い易いのに気づきまして、最近になってまた少しだけ使用量が増えてきました
周囲の処理と合わせなきゃならないのでもう仕方ない事と割り切ってるのですが、とにかく乾燥待ちが焦れったいです~

ちなみに…ワタシは普段溶剤系の接着剤で作るのですが
サフ前の段階で、接着ラインに瞬着を流してから面出しをしてます
「後日になってからの薄っすらライン」がかなり軽減されるので良かったら一度お試しくださいまし♪
(とっくにご存知かなw)
プロフィール

へてかるぴ

Author:へてかるぴ
旧キット大好きなおっさんです
その他バカ話も好物です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR