fc2ブログ

ガミラス銃の進捗(その4:組み上げ終了と発射テスト♪)

今週はまた仕事が立て込んできて、帰宅後にもあんまり作業できませんでした…

ので、今日は朝から猛ダッシュ♪

3DプリンタのUVレジン液…
今回の一連のパーツ出力で「瓶の底の方でチャプチャプ」程度まで使い尽くしてしまいましたが、
「要はコレで接着すればイイんじゃね?」と思いつきましてw


粘性が低いので接合部に垂らしてやればパーツどおしの隙間に染み込んでいってくれます


位置を合わせておいてUVランプ

ピカー!



ただ、パーツの浅い辺りでLVランプのビームが吸収されちゃうみたいで深い所が固まりきらず、
接合部がどうもグニグニしてるので、庭に出て日光

ビッカァ~!!



ものの10秒ほどで芯までカチンコチン♪
そりゃぁドラキュラも死ぬわw

という事を繰り返し、組み上げ完了♪
接着部は水密性能重視ではみ出し気味にレジンを盛ったので今は見た目は悪いですが、
まぁどうにでもなるでしょうw


上側のグリップエンドはスポンと外せるようになってて、中に給水孔とキャップを隠してます


では早速、実射テスト!!
内部は先っちょまで一室構造なので一杯に水を入れると5~600gほどの重量になります


鏡までの距離は近いですが、気持ちよく発射できました♪

水の飛ぶ速さ・勢いですが、
元の状態だと「ピューッ」って感じだったのが、今では「ビュッ!」って感じ
例えるならレーザービームからパルスレーザーに変ったような?

水の飛ぶ速さは大きく変って無さそうで、タンク量もデカいので
全く年齢を感じさせない中折れ知らずの連発っぷりですよ


テスト後にふと感じたのですが、濡れるとレジンがややベタつく様な…
あんまり水に濡らしちゃいけない素材なのかな?という懸念が出てきましたが、
水を入れッパで置いとく訳でもないしイイや♪

ここから先は通常どおり(笑)のモタモタ表面仕上げ工程ですので、
次回の更新は5月の静岡HS辺りになるかもしれませんw
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

> カムロさん
とりあえずスグ使いたい‼って理由で、仕事で使い慣れてるCADのフリー版にしたってだけですのでw
3D-CADとしては、ワタシのは主流とはいえないヤツですから、フュージョン360にされて正解だと思いますよ~

ワタシも今後の為、新たにフュージョン360をインストールして、改めてイチから勉強はじめてます♪

No title

> 骸骨丸さん
太陽エネルギー恐るべしですw
ネイル用のUVランプでも芯まで固めるには何分もかかって、なお柔らかさが残るのに、
日光だと10秒ほどでカッチンカッチンです♪

水鉄砲機能は生きてても、水鉄砲として使うのは極力控えないとイカンかもしれませんね~

>戦車
カメバズーカのイメージではじめたんですが、名前は「二の腕」ちゃんですw

No title

見えない所に注水口をつけるなど、こだわり抜群ですね🎵

水鉄砲としての威力も申し分無さそうで、まだまだ若いモノには負けてられませんな!(笑)

濡れてベタつくって、レジンにはそんな弱点があったんですか?
内部に何らかの塗装を施すとかすればクリア出来ますかねぇ~(^o^;)

No title

水鉄砲ごっこも可能ですね😂😊😍😁🙋✌
あなた、記事のごく一部がハレンチですよ。

No title

> ももおさん
元々、非可動モデルのつもりで描き始めた物なのでこれでも一応は見た目重視ですw

まだまだ若い人に負けないよう、日頃からの努力(笑)

水によるベタ付きは完全に想定外でした
プリント直後にアルコールで洗ってなんともないから耐水性はフツーに有るものとばかり…

No title

> 999さん
もうね、ピュッピュッと発射し放題ですよw
何発撃ってもまだ撃てる、スタミナ満点野郎です

握り方といい形状といい、どうにもハレンチな連想が止まりません~

No title

一枚目の画像の奥に見える
外国産プラモデルの戦車が気になります~
と先ずは「ソコ?」てコメントを書いて、、、

銃の方は流石の工作技術ですね~

No title

10秒でカチンコチンでビュッビュッと連射可能だなんて、、、誰もが憧れざるを得ないアイテムではないですか

握った感じも申し分なさそうな良いサイズですね~

コスリますか?w

No title

> 真・真キムさん
「外国プラモ」の方も亀の歩みで進んでます
なので亀って事でひとつw

工作の方は、記事ではサラッと接着できた様にカッコ付けてますが、
実は接着に使ったレジンの「生乾き」で、内部のパイプの押し力でだんだん曲がって来たりして、
結構手こずった段階もありました…
まぁ、だから日光でカチカチに固めた直した訳なんですがw
流石にもう曲がらないと思いたいです~

No title

> ソリッドさん
全国3000万人のナイスミドル層あこがれの、レスポンスと持続力ですよ♪

握り心地の方も、いくらかの手加工削り込みでだいふ良くなってます♪
もう休みの日なんて片手で握りっぱなしですよw

最後の仕上げでは、久々のコスリですかね~

No title

UVレジン、元が液状で、圧をかけずにヒケる事なく硬化するんで、目止めにぴったりですね~
水による軟化は、内側にクリアーでも塗布するってのはどうですかね?

しかし、なんて凄いシモ率!w
皆さんお盛んねw

No title

> たけおさん
そうなんですよ~
光造形に使えるくらいにヒケもなく、そもそもパーツ自体と同じ材質で完全に一体化する訳で、
「コリヤええわ♪」と使いましたが、パーツの深いところまで固まるのにはお日様レベルのパワーが必要だったという穴がw

シモっぽい話に乗ってくれるのは、皆様まだまだ枯れてない証拠ですね♪

No title

予想以上のピュッピュパワー❗❗

中のベタつきはチト意外でしたが、もう一回ガッツリ天日干ししたら固まったりしないモンですかね?(そーいう事じゃない?🐤)

No title

> ごんちゃっくさん
下ネタへイヘイ、シモ・ヘイヘ~(バカ)

例えてるなら、乾麺のパスタを濡らした時に似た感じですね~
あそこまでベタベタでもないですけどw

単に乾燥させるだけで白濁も明らかな劣化もなく完全に元に戻りましたが、
もうちょっとしっかり日光に当てて黄変するくらいカリッカリに固めてやった方が良いかもですね~

内壁面を防水できればいいんですけどなにせ組み立てた後の内側ですから、防水するって言ってもどうやればいいのやらw
防水スプレーでも吹き込んでみましょうかね?

No title

おお!ギミック付きのガミラス銃って世界初の試みではないでしょうか?

塗装済みの完成品が非常に楽しみですね!
(*≧∀≦*)

No title

> ネビィラ 71さん
水鉄砲、良いアイデアだと思ったんですけど、まさかUVレジンが水に弱いとは…

今更ながら調べてみたら、手芸系のサイトに「ちょっと水に濡れるくらいなら良いけど、濡らしっぱなしはダメ」と書いてるのを見つけちゃいましたよ…
どうにかして今から内壁の防水をできないか?と、アタマをひねり中です~

塗装も頑張りますね‼

No title

中空のキットは時々失敗して補強の為に樹脂を中に流し込みます。それで樹脂コーティングが出来ます。

壺の場合は 張り合わせ部分に隙間が出来てる事がありますので外からテープか粘土で樹脂が漏れ無いようにして内部へ満遍なく流し込むのであります。

硬化が早いレジンでも良いかもしれませんね。

No title

> ネビィラ 71さん
なるほど~、ありがとうございます♪
やっぱりそういう方向の手しかなさそうですね~
実は、ちょうど似たような事を企んでまして、タミヤのビン溶きパテかエナメル塗料を注水口からダバーっと注いで、グルングルンいきわたらせてから余分を流しだして乾燥させようかな?なんてw

エナメル塗料は完全乾燥したら非常に耐水保護性能が高くなりますし、溶きパテの被膜の丈夫さも捨てがたいし…って感じです
どちらも溶剤が乾くのに時間かかりそうだよな~とか、水鉄砲ギミックを固めちゃうとヤだな~とか、ちょっとビビリ入ってて実行に進めてません…
乾燥時間はまぁ、何か月もほっとけば勝手に乾いてくれるでしょうけどw

レジンは成型品の内壁によくなじんでくれそうですし、乾燥時間の点では大いにスピードアップできそうでグーですが、今回使ったレジンとは異なる、流動性と間違いなく耐水性に優れたレジンをどこかで探してこなきゃですね~
なんせ、これまで樹脂液使ってこなかったですから、そこらの勉強が必要ですね
現物で 何度も試せないので、今はじっくり脳内実験中です…

No title

ギミックを固めない為には時間かかりますが、半分ずつ順番にコーティングした方が良いと思います。
全面にいきなりだと鍾乳洞のように上から滴り落ちる事になりそうです。

f^_^;

No title

> ネビィラ 71さん
どうせ見えなくなる部分なので、内部の「つらら」は気にしなくても良いと言えばそうなんですが、横着せずに丁寧に進めるべきですよね~

例の衝撃発表のせいもあってモチベ上がりませんw

コメントバックアップ

閉じる コメント(22)

おおお!凄いっす

CADはへてさんと同じにしようと思ったらグラのドライバが合わないのかエラーでダメで
フュージョン360にしました。
初CADムズいっすー( >Д<;)

追々と勉強しようと思います削除

2019/2/23(土) 午後 6:56[ カムロ ]返信する

そうか!UVレジンなんだから日光に当てればいいんですよね!
モビルハロの足首もしっかり日光浴させればよかった。
戻ってきたら浴びさせます。

どこからお水を入れるのか不思議だったんですけど、抜かりないですねw
ただ、遊んだ後でベタつくのってヤバそうですねw
中まで乾燥するのに時間がかかりそうですから、折角の完成品が中から崩壊しないか心配ですw

つーか、戦車に手脚と頭・・・

レロレロレロレロレロレロw削除

2019/2/23(土) 午後 7:05[ 骸骨丸 ]返信する

> カムロさん
とりあえずスグ使いたい‼って理由で、仕事で使い慣れてるCADのフリー版にしたってだけですのでw
3D-CADとしては、ワタシのは主流とはいえないヤツですから、フュージョン360にされて正解だと思いますよ~

ワタシも今後の為、新たにフュージョン360をインストールして、改めてイチから勉強はじめてます♪削除

2019/2/23(土) 午後 9:03[ へてかるぴ ]返信する

> 骸骨丸さん
太陽エネルギー恐るべしですw
ネイル用のUVランプでも芯まで固めるには何分もかかって、なお柔らかさが残るのに、
日光だと10秒ほどでカッチンカッチンです♪

水鉄砲機能は生きてても、水鉄砲として使うのは極力控えないとイカンかもしれませんね~

>戦車
カメバズーカのイメージではじめたんですが、名前は「二の腕」ちゃんですw削除

2019/2/23(土) 午後 9:23[ へてかるぴ ]返信する

見えない所に注水口をつけるなど、こだわり抜群ですね🎵

水鉄砲としての威力も申し分無さそうで、まだまだ若いモノには負けてられませんな!(笑)

濡れてベタつくって、レジンにはそんな弱点があったんですか?
内部に何らかの塗装を施すとかすればクリア出来ますかねぇ~(^o^;)削除

2019/2/23(土) 午後 10:08ももお返信する

水鉄砲ごっこも可能ですね😂😊😍😁🙋✌
あなた、記事のごく一部がハレンチですよ。削除

2019/2/24(日) 午前 2:02[ 999 ]返信する

> ももおさん
元々、非可動モデルのつもりで描き始めた物なのでこれでも一応は見た目重視ですw

まだまだ若い人に負けないよう、日頃からの努力(笑)

水によるベタ付きは完全に想定外でした
プリント直後にアルコールで洗ってなんともないから耐水性はフツーに有るものとばかり…削除

2019/2/24(日) 午前 8:12[ へてかるぴ ]返信する

> 999さん
もうね、ピュッピュッと発射し放題ですよw
何発撃ってもまだ撃てる、スタミナ満点野郎です

握り方といい形状といい、どうにもハレンチな連想が止まりません~削除

2019/2/24(日) 午前 8:17[ へてかるぴ ]返信する

一枚目の画像の奥に見える
外国産プラモデルの戦車が気になります~
と先ずは「ソコ?」てコメントを書いて、、、

銃の方は流石の工作技術ですね~削除

2019/2/24(日) 午前 8:38[ 真・真キム ]返信する

10秒でカチンコチンでビュッビュッと連射可能だなんて、、、誰もが憧れざるを得ないアイテムではないですか

握った感じも申し分なさそうな良いサイズですね~

コスリますか?w削除

2019/2/24(日) 午前 9:30[ ソリッド ]返信する

> 真・真キムさん
「外国プラモ」の方も亀の歩みで進んでます
なので亀って事でひとつw

工作の方は、記事ではサラッと接着できた様にカッコ付けてますが、
実は接着に使ったレジンの「生乾き」で、内部のパイプの押し力でだんだん曲がって来たりして、
結構手こずった段階もありました…
まぁ、だから日光でカチカチに固めた直した訳なんですがw
流石にもう曲がらないと思いたいです~削除

2019/2/24(日) 午前 10:30[ へてかるぴ ]返信する

> ソリッドさん
全国3000万人のナイスミドル層あこがれの、レスポンスと持続力ですよ♪

握り心地の方も、いくらかの手加工削り込みでだいふ良くなってます♪
もう休みの日なんて片手で握りっぱなしですよw

最後の仕上げでは、久々のコスリですかね~削除

2019/2/24(日) 午前 10:41[ へてかるぴ ]返信する

UVレジン、元が液状で、圧をかけずにヒケる事なく硬化するんで、目止めにぴったりですね~
水による軟化は、内側にクリアーでも塗布するってのはどうですかね?

しかし、なんて凄いシモ率!w
皆さんお盛んねw削除

2019/2/24(日) 午後 7:35[ たけお ]返信する

> たけおさん
そうなんですよ~
光造形に使えるくらいにヒケもなく、そもそもパーツ自体と同じ材質で完全に一体化する訳で、
「コリヤええわ♪」と使いましたが、パーツの深いところまで固まるのにはお日様レベルのパワーが必要だったという穴がw

シモっぽい話に乗ってくれるのは、皆様まだまだ枯れてない証拠ですね♪削除

2019/2/24(日) 午後 10:06[ へてかるぴ ]返信する

予想以上のピュッピュパワー❗❗

中のベタつきはチト意外でしたが、もう一回ガッツリ天日干ししたら固まったりしないモンですかね?(そーいう事じゃない?🐤)削除

2019/2/25(月) 午前 7:59[ ごんちゃっく ]返信する

> ごんちゃっくさん
下ネタへイヘイ、シモ・ヘイヘ~(バカ)

例えてるなら、乾麺のパスタを濡らした時に似た感じですね~
あそこまでベタベタでもないですけどw

単に乾燥させるだけで白濁も明らかな劣化もなく完全に元に戻りましたが、
もうちょっとしっかり日光に当てて黄変するくらいカリッカリに固めてやった方が良いかもですね~

内壁面を防水できればいいんですけどなにせ組み立てた後の内側ですから、防水するって言ってもどうやればいいのやらw
防水スプレーでも吹き込んでみましょうかね?削除

2019/2/25(月) 午前 10:37[ へてかるぴ ]返信する

おお!ギミック付きのガミラス銃って世界初の試みではないでしょうか?

塗装済みの完成品が非常に楽しみですね!
(*≧∀≦*)削除

2019/2/26(火) 午後 2:34[ ネビィラ 71 ]返信する

> ネビィラ 71さん
水鉄砲、良いアイデアだと思ったんですけど、まさかUVレジンが水に弱いとは…

今更ながら調べてみたら、手芸系のサイトに「ちょっと水に濡れるくらいなら良いけど、濡らしっぱなしはダメ」と書いてるのを見つけちゃいましたよ…
どうにかして今から内壁の防水をできないか?と、アタマをひねり中です~

塗装も頑張りますね‼削除

2019/2/26(火) 午後 6:36[ へてかるぴ ]返信する

中空のキットは時々失敗して補強の為に樹脂を中に流し込みます。それで樹脂コーティングが出来ます。

壺の場合は 張り合わせ部分に隙間が出来てる事がありますので外からテープか粘土で樹脂が漏れ無いようにして内部へ満遍なく流し込むのであります。

硬化が早いレジンでも良いかもしれませんね。削除

2019/2/28(木) 午前 10:45[ ネビィラ 71 ]返信する

> ネビィラ 71さん
なるほど~、ありがとうございます♪
やっぱりそういう方向の手しかなさそうですね~
実は、ちょうど似たような事を企んでまして、タミヤのビン溶きパテかエナメル塗料を注水口からダバーっと注いで、グルングルンいきわたらせてから余分を流しだして乾燥させようかな?なんてw

エナメル塗料は完全乾燥したら非常に耐水保護性能が高くなりますし、溶きパテの被膜の丈夫さも捨てがたいし…って感じです
どちらも溶剤が乾くのに時間かかりそうだよな~とか、水鉄砲ギミックを固めちゃうとヤだな~とか、ちょっとビビリ入ってて実行に進めてません…
乾燥時間はまぁ、何か月もほっとけば勝手に乾いてくれるでしょうけどw

レジンは成型品の内壁によくなじんでくれそうですし、乾燥時間の点では大いにスピードアップできそうでグーですが、今回使ったレジンとは異なる、流動性と間違いなく耐水性に優れたレジンをどこかで探してこなきゃですね~
なんせ、これまで樹脂液使ってこなかったですから、そこらの勉強が必要ですね
現物で 何度も試せないので、今はじっくり脳内実験中です…削除

2019/2/28(木) 午後 0:34[ へてかるぴ ]返信する

ギミックを固めない為には時間かかりますが、半分ずつ順番にコーティングした方が良いと思います。
全面にいきなりだと鍾乳洞のように上から滴り落ちる事になりそうです。

f^_^;削除

2019/3/1(金) 午前 0:23[ ネビィラ 71 ]返信する

> ネビィラ 71さん
どうせ見えなくなる部分なので、内部の「つらら」は気にしなくても良いと言えばそうなんですが、横着せずに丁寧に進めるべきですよね~

例の衝撃発表のせいもあってモチベ上がりませんw削除

2019/3/1(金) 午前 7:05[ へてかるぴ ]返信する
プロフィール

へてかるぴ

Author:へてかるぴ
旧キット大好きなおっさんです
その他バカ話も好物です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR